避妊パッチの効果は本物?

避妊パッチとは、貼るだけで低用量ピルと同等の効果が得られるというものですが、本当に貼るだけで効果が得られるのでしょうか?当サイトでは避妊パッチの効果と避妊成功率についてまとめてみました。

溶解性大腸炎や家族性高脂血症の人は避妊薬服用はムリ

セックスを楽しむことがあったとしても、必ずしも妊娠を望んでいないケースは多々あります。
どうしても妊娠を避けておきたいというときに効果の高い医薬品として、避妊薬のピルを挙げることができます。
ピルは経口タイプの医薬品で、セックスをした後に服用することで妊娠を回避することが可能になります。
避妊をするためにはコンドームの使用などが最適な方法と考えられますが、性交渉のスタイルとしてコンドームを使用しないことが好きな男性もいるでしょう。
避妊具の装着を期待できない性交渉をしているときには、女性側のリスク管理としてピルを服用することをおすすめできます。
ただし、ピルというものは医薬品ですし、服用することによって一定の副作用が生じることや、リスクがあることも知っておくことが大切になります。
ピルの種類としては低用量のものと中用量のものがあって、緊急性の高いときに用いるものが中用量ピルとなります。
中用量ピルの場合には、即効性が高いものであると考えられており、性交渉後72時間以内に服用することで避妊できる仕組みとなっています。
一般的に多い種類の副作用としては、頭痛や嘔吐などの症状と考えられていますが、右下腹部痛が生じるケースもあります。
右下腹部痛がひどい状態になっているときには、溶解性大腸炎を発症している可能性もありますので、早めに医療機関を受診することがおすすめです。
また、ピルは家族性高脂血症を発症している人の場合には、服用することはできません。
家族性高脂血症の人は、生まれつきコレステロール値が高いという特徴があることから、通常の人と比較したときにピルを服用した際における、血栓症のリスクが高まると考えられています。
そのために家族性高脂血症を発症している人は、ピルを服用することはできないことを把握しておいたほうが良いでしょう。