避妊パッチの効果は本物?

避妊パッチとは、貼るだけで低用量ピルと同等の効果が得られるというものですが、本当に貼るだけで効果が得られるのでしょうか?当サイトでは避妊パッチの効果と避妊成功率についてまとめてみました。

避妊と基礎体温とむくみの関係

愛しい恋人やパートナーと性行為を行う際に、多くの女性が妊娠について一度は考えたことがあるかと思います。中には年齢的や問題や経済的な不安などが原因で、今すぐに赤ちゃんを授かることが難しいというカップルも多いようです。将来のことを計画的に考えるならば望まぬ妊娠をしないためにも、避妊についての正しい知識を身に付けることが大切です。女性は赤ちゃんを授かるための機能が生まれつきに備わっています。子宮や卵巣・膣など妊娠に備えて常に活動を行っています。自分の体のリズムを正確に知るためには基礎体温を測ることが非常に有効とされています。多少の個人差はあるとされていますが生理初日から排卵日までの体温が低い時期を低温期と言い、排卵日から生理初日までの体温が高い時期を高温期と呼んでいます。一般的には基礎体温が正常な波形を描いていると、排卵日には体温が下がるために妊娠がしやすいと言われています。このように基礎体温をしっかりと知ることは、妊娠や避妊を考える上では非常に重要なポイントです。一方で生理中は妊娠しにくいために、避妊の可能性が高いという情報は間違っているようです。確実に避妊を行うにはやはり、避妊具や避妊ピルなどを使用することが最も確実な方法です。ここで避妊のためにピルを使用する上で気を付けなければならないことがあります。実はピルを常習的に服用すると女性はむくみの副作用を感じやすくなるようです。ピルには女性ホルモンのバランスを調整する作用があるため、飲んでいる最中は妊娠中と同じような状態になります。そのことがむくみを発生させてしまう要因となるようです。このようなむくみの症状を緩和するためには、普段の食生活に塩分を控えたりマッサージを習慣化することが効果的だと言います。