避妊パッチの効果は本物?

避妊パッチとは、貼るだけで低用量ピルと同等の効果が得られるというものですが、本当に貼るだけで効果が得られるのでしょうか?当サイトでは避妊パッチの効果と避妊成功率についてまとめてみました。

避妊薬とラテックスアレルギーと高脂血症

避妊薬は一般的に低用量ピルのことを指し、月経の周期に合わせて毎日服用することで計画的な避妊が可能となっています。低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つの女性ホルモンが混合されており、継続して服用すると体が妊娠したかのような状態になることで、排卵が抑制されるという仕組みです。排卵が抑制されることで、受精や着床ができなくなり、99.9%の確率で避妊が成功します。ラテックスアレルギーを持つ女性は、コンドームの素材の一部として使用される天然ゴムに過剰な反応を示し、蕁麻疹や炎症を起こすことがあります。そのため、コンドームでの避妊ができない人にとっては、低用量ピルはとても重宝する方法となります。また、低用量ピルによって月経周期をコントロールできること、子宮内膜を厚くしない作用があることから、生理不順や出血性の貧血に悩む人でも、症状が改善されるので避妊以外の目的で使用する人も多くいます。しかし、気をつけるべきなのは、低用量ピルに混合される卵胞ホルモンが血液を凝固させる作用があるため、喫煙者や高血圧の人は血栓症のリスクが高まることから利用するのが困難となっています。これまでも血栓症によって死亡したケースも多く、安易に使用すると命に関わる問題となることもあるので注意しなくてはいけません。また、血液中のコレステロールまたは中性脂肪のどちらか、あるいは両方の値が高い人は高脂血症の疑いがあり、血栓症を起こしやすくなることから利用できないとされます。高脂血症およびラテックスアレルギーの両方を患っている人は、どちらにしても避妊薬の使用は難しいため、避妊をするにはIUDかIUSと呼ばれる避妊リングを試すことになるでしょう。