避妊パッチの効果は本物?

避妊パッチとは、貼るだけで低用量ピルと同等の効果が得られるというものですが、本当に貼るだけで効果が得られるのでしょうか?当サイトでは避妊パッチの効果と避妊成功率についてまとめてみました。

避妊薬は皮脂の分泌を抑えてニキビを治療する

避妊薬はニキビ治療に使われることもあります。ニキビができる原因の一つが、ホルモンバランスの乱れです。男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが多く分泌されると、皮脂が過剰に分泌されると毛穴に詰まって炎症を起こし、ニキビができます。他にも月経の周期を乱すなど、女性の美容と健康を阻害するなど、アンドロゲンの過剰分泌は避けたいものです。避妊薬はホルモン療法として、女性ホルモンがアンドロゲンの分泌を抑えるので、皮脂の分泌が適切になりニキビが無くなります。避妊薬はかつては副作用が重いなどのイメージが強かったですが、最近は女性ホルモンの量を調整することでメリットの方が多くなり、副作用を訴える女性はほんの数%です。しかしニキビ治療は完了するまで長い時間がかかります。妊娠中の人は胎児に影響が出るので、必ず医師に伝えなければなりません。同じように男性ホルモン分泌を抑制する作用のある酢酸シプロテンは、前立腺ガンの治療薬として開発されましたが、海外ではホルモンバランスの乱れによるニキビや多毛症の治療にも用いられています。しかし酢酸シプロテンは肝癌などの副作用があるとして、日本では使用できません。同じように避妊薬もホルモンバランスを変化させるため、必ずしも安全とは限りません。むくみや食欲低下、体重の増加などの副作用があり、避妊薬を服用したことでニキビが増えたり悪化したりすることもあります。よって服用する時は医師の診断に従い、定期的に受診して経過を見せる必要があります。避妊薬は生理が終わって21日間飲み続け、1週間ストップしたら再び21日間飲むことを繰り返します。正しく服用しなければ効果がないので注意します。