避妊パッチの効果は本物?

避妊パッチとは、貼るだけで低用量ピルと同等の効果が得られるというものですが、本当に貼るだけで効果が得られるのでしょうか?当サイトでは避妊パッチの効果と避妊成功率についてまとめてみました。

避妊パッチとはどんなもの?

避妊パッチは、皮膚に貼るだけで避妊ができる最新の避妊具です。
避妊パッチには、低用量のエストロゲンとプロゲスチンが塗布されており、皮膚に貼り付けると成分が体内に浸透して避妊効果を発揮します。
低用量ピルは毎日飲み続ける必要があり、飲み忘れると効果がなくなるというデメリットがありました。
避妊パッチの使用方法は、低用量ピルよりずっと簡単で、1週間に1度張り替えるだけで、効果が持続します。
パッチは3枚が1セットになっています。目立たない肌色で約3cm四方の薄型パッチで、入浴や水泳でも剥がれにくくなっています。
初めて使用する場合には、生理が始まって24時間以内に、下腹部、お尻、乳房以外の上半身のどこかに貼ります。
サンデースタートの場合には、生理が来てから初めての日曜日に開始します。2枚目は、1枚目から1週間経過した後に、古いパッチを剥がして貼り替えます。
肌のかぶれを防止するために、その都度、場所を変えるようにしましょう。3枚目も同様です。3枚使用したら、1週間休んで、生理を起こさせます。
一度貼ったら、剥がして位置を変えないようにします。剥がれてしまった場合、24時間以内なら新しいパッチを貼って、そのまま続けますが、24時間を超えた場合には、最初の1枚目からやり直します。
かぶれないように、肌の敏感な部分は避けて貼るようにします。毎週少しずつ貼る場所を変えてください。
また、最初の1週間は他の避妊手段と併用するようにします。低用量ピルと同様、肝臓疾患、腎臓疾患、糖尿病、高血圧、乳がん、子宮がんの人は使用できません。
副作用は、頭痛、吐き気、乳房痛などで、低用量ピルと同様、血栓症のリスクもあります。

避妊パッチの効果と使用上の注意

避妊薬ときくと、ピルのような飲み薬や、膣錠のように直接挿入する薬を想像する人が多いですが、近年は「避妊パッチ」と呼ばれる、身体に貼るだけで避妊が可能な製品も登場しています。
避妊パッチには、ノルエルゲストロミンと呼ばれる黄体ホルモンと、エチニルエストラジオールと呼ばれる卵胞ホルモンが含有されており、身体に貼ることでこれらのホルモンが体内に供給されていきます。
そして、低用量ピルと同じように、排卵の抑制や、受精卵の着床の妨害、精子の子宮進入の阻止の3つの作用によって、避妊を実現します。
貼り薬ということで効果の程度に疑問を感じる人もいますが、効果は低用量ピルと同程度といわれており、高い確率で避妊することができます。
もし、効果に疑問を感じるのであれば、コンドーム着用などといった他の方法と併用すると良いでしょう。
避妊パッチを使用する上ではいくつか注意しなければならない点があります。まず、1枚目は生理開始から24時間以内に貼らなければなりません。
そして、1枚使用したら1週間貼ったままで過ごす必要があります。
一般的な貼り薬では、ずっと貼り続けていると肌が荒れてくることがあるので、それを防止するために風呂に入る前にパッチを剥がす人も少なくありませんが、避妊パッチの場合は剥がすと十分な効果が得られなくなるので、身体に貼り付けた後は絶対に剥がさないようにしましょう。
また、低用量ピルと同じようにこのパッチにも休薬期間があり、引き続きパッチを使用したい場合は、パッチを3枚(3週間分)使用した後に1週間の休薬期間を設ける必要があります。
休薬期間の存在を忘れてパッチを貼ってしまうと、身体に異変が起こる可能性があるので注意しましょう。

避妊パッチの購入方法について

避妊の方法にはいろいろありますが、大きく分けて、コンドームやペッサリーなどを装着することによって、物理的に精子が子宮内に侵入して妊娠することを防ぐ方法と、ピルや避妊リングなどによって排卵や卵子の着床を防ぐ方法の2種類があります。
ここで紹介する避妊パッチというのは、最新の避妊具のひとつで、皮膚に貼ることによって避妊が出来るものです。
このパッチにはピルにも使われている「エストロゲン」と「プロゲスチン」というホルモン成分が含まれており、皮膚からの成分浸透によって体内にホルモンを供給して排卵を防ぐしくみになっています。
扱い方はとても簡単で、生理開始日に1枚目のパッチを貼ると1週間効果が持続します。それを3週間続け、残り1週間は休んで生理を起こさせるというものです。
飲み忘れる心配もないので、発売以来爆発的に人気が高まっています。
気になる避妊パッチの購入方法ですが、現在日本で直接購入出来るクリニックや薬局はありません。
必然的に海外から個人輸入という形で購入することになりますが、現在では輸入を代行してくれる通販サイトが多くあるので、普通にネットショッピングをする感覚で購入することが出来ます。
製品名は「エブラ」という名前で売られており、主にタイやシンガポールからの輸入になっていますが、アメリカのFDAでも認可されている避妊薬ですので安全性には問題ありません。
価格は変動しますが、だいたい3枚入り(1か月分)の箱がひとつで5,000円前後で販売されています。
ピルの場合だと1か月分で3,000円前後ですが、毎日飲み続ける手間や、飲み忘れの危険性などを考えると、こちらの方がお得かもしれません。たいていは4日~7日ほどで手元に届きます。
■避妊パッチよりピルのがいい方は
トリキュラーの通販はこちら
■性行為後にも効果があります
モーニングアフターピル